文化財愛護シンボルマーク
伊丹市文化財保存協会

「文学碑をたずねて」

伊丹市文化財保存協会発行
文学碑をたずねて


目 次
碑番号    歌(その他)    作者    ページ
1    猪名山の道のささ原……………………    藤原良経    9
2    ゐなやまの山のしつくも………………    藤原定家    11
3    志長鳥猪名野を来れば…………………    読み人しらず    13
4    おもしろさ急には見えぬ………………    上島鬼貫    16
5    しながどりいなののはらの……………    源実朝    17
6    咲からに見るからに……………………    上島鬼貫    19
7    津の国のこやとも人を…………………    和泉式部    21
8    川上やあらふの池の……………………    曽根好忠    23
9    たひころもつまふくかせの……………    藤原為家    25
10    しながどり猪名のふしはら……………    猿丸大夫    27
11    有間山裾野之原爾………………………    藤原忠通    29
12    しなが鳥猪名野をゆけば………………    読み人しらず    31
13    新雨初晴池水満…………………………    藤原定家    33
14    こやの池に生ふる菖蒲の………………    待賢門院堀河    36
15    吾妹児ニ猪名野者令見都………………    高市連黒人    37
16    ところえて千代もすまなむ……………    村上潔夫    39
17    志ら露をたまにぬきとめ………………    中村良臣    40
18    ゑにかきて今唐土の……………………    慈円    42
19    世を泥と見る目も白き…………………    上島鬼貫    44
20    遠つあふみ入江の月の…………………    夏目甕麿    46
21    冴る夜はよその空にぞ…………………    西行法師    48
22    かいつぶりさびしくなれば……………    日野草城    50
23    月なくて昼は霞むや……………………    上島鬼貫    52
24    ありま山ゐなのささ原…………………    大弐三位    53
25    はつしもハふりにけらしな……………    藤原俊成    55
26    このハくち水草きよき…………………    飯尾宗祗    56
27    命あれば昆陽の軒端の…………………    後醍醐天皇    57
28    山鳥のほろほろとなく声きけば………    行基菩薩    59
29    しながとりゐな山ゆすり………………    猿丸大夫    61
30    庭にはイチハツが盛りを過ぎ…………    梶井基次郎    63
31    芦の葉にかくれてすみし………………    源重之    66
32    津の国のこやの芦手ぞ…………………    鴨長明    68
33    芦のやのこやのわたりに………………    能因法師    70
34    津の国の芦のまろやの…………………    西行法師    72
35    たちかへりみちあるみよに……………    藤原家隆    74
36    つのくにのあしの葉しのき……………    大江匡房    76
37    分来てし其世は夢と……………………    伴林光平    78
38    こをだにと折とる袖に…………………    加納諸平    80
39    酒一樽いな河の小魚……………………    与謝蕪村    82
40    天は月に遊び地は花に遊ぶ……………    梶曲阜    87
41    富貴の家にうまれ出るは………………    井原西鶴    91
42    あけほのを霞にゆるす…………………    牡丹花肖柏    94
43    夢さめてやとにのこれる………………    藤原元親    96
44    春秋の花と月とをときならて…………    伊丹之親    98
45    霜かれに残りて我は……………………    荒木村重・たし    100
46    折りから折りからに……………………    佐藤惣之助    102
47    紅楓相暎酔慈顔…………………………    頼山陽    104
48    かく山を引ッ立てて咲…………………    大高子葉    107
   月はなし雨にて萩は……………………    上島鬼貫    109
49    手に取らば消なむしら雪………………    若山牧水    110
50    あたこ火のかはらけなけや……………    井原西鶴    112
51    天も酔へりけにや………………………    西山宗因    114
52    秋風の伊丹古町…………………………    高浜虚子    116
53    松窓読書罷………………………………    橋本香坡    118
54    行水のすてところなし…………………    上島鬼貫    120
55    踏まれけり花口惜か……………………    池田宗旦    122
56    武庫河水尾急赤駒………………………    読み人しらず    123
57    かり枕ゐなのの原に……………………    能阿法師    125
58    かくのみにありけるものを……………    読み人しらず    126
59    千鳥なくゐなの河原を…………………    紀貫之    129
60    猪名川の香はしき魚を…………………    斉藤茂吉    131
上へ