文化財愛護シンボルマーク
伊丹市文化財保存協会

「新・伊丹史話」

伊丹市立博物館発行
新・伊丹史話


目 次
第一章    原始・古代の伊丹   
     
第一節    伊丹台地の地質…………………………………………………………    3
   伊丹台地の誕生 旧石器人のいたころの自然   
第二節    遺跡の語る伊丹…………………………………………………………    13
   縄文から弥生へー口酒井遺跡の発掘調査からー 伊丹の米の歴史 中村の銅鐸 御願塚は語る 御願塚古墳とその周辺   
第三節    律令制下の伊丹…………………………………………………………    40
   大和政権の伊丹地方進出と猪名部 律令制下の伊丹 条里のひろがり 行基と伊丹 伊丹廃寺 昆陽寺を訪れた神輿ー志多羅神と刀祢ー   
     
第二章    中世の伊丹   
     
第一節    中世の伊丹地方…………………………………………………………    73
   平安時代の猪名川流域 「伊丹」の初見と表記法 鎌倉・南北朝時代の伊丹 室町・戦国時代の伊丹 古文書と伝説   
第二節    仏教と民衆………………………………………………………………    103
   昆陽寺の鐘が盗まれた話ー『今昔物語集』よりー 地域民衆の信仰と寺院ー伊丹を中心としてー 大鹿村と法華宗 伊丹の仏像彫刻 伊丹の石造美術   
     
第三章    近世の伊丹   
     
第一節    有岡城と荒木村重………………………………………………………    137
   荒木村重の一生 有岡城跡の発掘調査   
第二節    伊丹郷町…………………………………………………………………    150
   伊丹の町のおいたち 伊丹郷町の景観 発掘された伊丹の町 伊丹の町政組織 伊丹をまきこんだ大塩平八郎の乱 幕末の伊丹郷町   
第三節    伊丹酒……………………………………………………………………    187
   伊丹の酒 小西家と伊丹 伊丹酒造家の大名貸 伊丹酒銘とその類似酒 伊丹の酒蔵 旧岡田家住宅(店舗・酒蔵) 酒蔵を掘る 樽廻船 樽   
第四節    伊丹の町の文芸活動……………………………………………………    236
   鬼貫(おにつら) 上島家系譜と鬼貫の伝記 鬼貫賛春卜画四季草木画巻について 西鶴・芭蕉・近松と伊丹 百歳翁坂上宗清 柿衛文庫   
第五節    市域の村々………………………………………………………………    271
   伊丹を支配した近世の領主たち 幕末の昆陽宿 近世の興行文化ー能・芝居・相撲ー   
第六節    文化遺産と民俗…………………………………………………………    289
   伊丹の民家 神社と文化財 西国街道と道標 近世のいしぶみから 伊丹と絵図 祭礼の小童子   
     
第四章    近現代の伊丹   
     
第一節    明治・大正の行政………………………………………………………    325
   近世から近代へー明治維新と伊丹地方ー 明治初年の町村制度 町村制の施行ー伊丹町を中心にー 戸籍のおいたち 川辺郡役所と郡政   
第二節    伊丹の産業………………………………………………………………    360
   明治維新と伊丹酒造家資本の動向 明治時代の伊丹酒造業 近代工業のさきがけ 明治・大正期の地場産業 農業と用水 昭和恐慌期の農民運動 戦後経済の高度成長と工場誘致条例 明治・大正期の商業 大正・昭和期の伊丹酒造業   
第三節    市域の交通の発展………………………………………………………    414
   福知山線のおいたち 幻の鉄道網 伊丹空港のおいたち   
第四節    教育のあゆみ……………………………………………………………    434
   明治初期の小学校 伊丹の中学校と高等女学校   
第五節    人々のくらし……………………………………………………………    447
   村の諸相ー村規約からみた明治の村ー 徴兵制度と伊丹 軍隊と伊丹の人々 日露戦争下の伊丹の町村と住民 祭りをになった人々 七福座ー伊丹の芝居小屋ー 市民のふるさと 伊丹の文明史ーヨーロッパの都市と伊丹ー   
第六節    昭和時代の行政のあゆみ………………………………………………    498
   伊丹市の発足とその後の町村合併 戦後の市行政のあゆみ 戦後の行政機構の変遷   
上へ