文化財愛護シンボルマーク
伊丹市文化財保存協会


   PDF文書の閲覧には、Adobe Reader の最新版が必要です。
Get_Adobe_Reader

(ご注意)表示されるまでには、多少時間がかかりますので、しばらくそのままお待ち下さい。

事業紹介

わが伊丹は、これまで長い歴史の中で先人たちが築き上げてきたものであり、古代万葉の昔は猪名野笹原・猪名川・武庫川・昆陽の大池などが名勝として詩歌にうたわれ、中世は摂津の中心として、近世は酒の町として繁栄し、文人墨客の来遊を見るなど文化の香りと文化遺産の豊かな由緒あるまちであります。
 これら古代からのふるさとの文化財に常に関心をもち、伊丹市の文化財愛護・保存活動の中核として文化財を保護、顕彰し、次代に伝えるのが我々の使命であり責務でもあります。
  1. 文化財に関する事業
    1. 講座の開催
    2. 国史跡「伊丹廃寺」の学習会
    3. 史跡めぐりバスツアーの実施
    4. 文化財整備に協力
    5. 伊丹郷町館の監視・案内業務
  2. 文化遺産の保護・顕彰
    1. 文化財パトロールの実施
    2. 各文化財保存団体との連携
  3. 組織の強化・拡充等
    1. 機関誌「絲海」の発行
    2. 役員研修会の実施
    3. 伊丹市文化財保存協会ホームページの内容充実
    4. 会員の増強
  4. 伊丹市文化財愛護少年団活動の一部支援
  5. 各種関係団体との連携

令和元年度(第57回) 総会議(案)(PDF文書)

伊丹市文化財保存協会の足跡
上へ