文化財愛護シンボルマーク
伊丹市文化財保存協会

文化財愛護シンボルマーク
「斗栱(ときょう) 」

文化庁HP「文化財愛護シンボルマーク」より引用



文化財愛護シンボルマーク   文化財愛護シンボルマークは,文化財愛護運動を全国に推し進めるための旗じるしとして,昭和41年5月に定められたものです。
 このシンボルマークは,ひろげた両手の手のひらのパターンによって,日本建築の重要な要素である斗栱(ときょう=組みもの)のイメージを表し,これを三つ重ねることにより,文化財という民族の遺産を過去,現在,未来にわたり永遠に伝承してゆくという愛護精神を象徴したものです。


斗栱 矢印 昆陽寺山門
斗栱 昆陽寺山門

斗栱バッジ伊丹市文化財保存協会・徴章「斗栱」