サイトマップ

平成30年度 「古代民族講座」

テーマ: 「旅と道の民俗」(全5回) 
 古代から私たちの先祖の日本人はさまざまな旅を続けてきた。南から北へ、西から東へ、この日本列島を放浪、漂泊、追放、左遷、新開地開拓などさまざまな荷を担いで
道を歩き、旅を続けてきた。日本人にとって旅とはなにか、歩いてきた道とは?ーーーーー
 旅好きな日本人の原点を歌や旅日記をたどりながら検証してみましょう。

第1回  9月26日(水)旅とは?旅人とは?
第2回 10月 3日(水)旅人と道の神々
第3回 10月10日(水)放浪・漂泊の旅から旅死まで
第4回 10月17日(水)西行、芭蕉の旅
第5回 10月24日(水)旅の名歌
◎いずれも午後 1 時 30 分〜3 時まで(午後1時より受付) 

講 師: 大森 亮尚(あきひさ) 氏(古代民俗研究所代表)
会 場:「いたみホール3階大会議室」
受講料:全5回受講 5,000 円・1 回単位受講1回 1,500 円
    初回開催日の会場受付にて頂きます。
定 員:45名(定員になり次第締め切ります。)
平成30年9月1日(土)より受付(10:00〜17:30)

お申込み・お問合せ:伊丹市文化財保存協会(旧岡田家住宅内事務所)
  事務所へ直接お越し下さい(休日:毎週月曜日)。
  なお、電話(772-8830)でも受付けます。

(次の画像をクリックするとPDF形式の書類が開きます。)

minzokuH30.jpg

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去のお知らせ

画像をクリックしますと、拡大表示が出来るPDF文書が開きます。
PDF文書の閲覧には、Adobe Reader の最新版が必要です。
Get_Adobe_Reader

(ご注意)表示されるまでには、多少時間がかかりますので、しばらくそのままお待ち下さい。

Powered by Movable Type